2006年09月03日

加筆完全版 宣戦布告〈上〉〈下〉/麻生 幾 ★★★

内容(「BOOK」データベースより)〈上〉
原子力発電所が並ぶ敦賀半島沖に北朝鮮の潜水艦が漂着した。対戦車ロケット砲で武装した特殊部隊十一名が密かに上陸、逃走する。彼らの目的は何か?未曾有の事態に政府はなす術を失い、責任のなすり合いに終始する。砂上の楼閣のごとき日本の危機管理を問うベストセラーに、最新情報を盛り込んだ完全版。

内容(「BOOK」データベースより)〈下〉
北朝鮮兵士の容赦なき殺意の前に犠牲者が続出。首相はついに自衛隊の出動を決断する。北朝鮮からは新たな潜水艦が領海に侵入。米国、中国、韓国、台湾をも巻き込んで、極東の危機は一触即発の臨界点へと達する。有事に際し、日本は本当に国民を、国土を、守れるのか。圧倒的スケールで描く迫真の問題小説。


戦争物ではなく、危機管理を題材にした政治ドラマです。
敦賀半島沖に北朝鮮の潜水艦が漂着し、特殊部隊が上陸。
警察が出動するが手に負えず、自衛隊の出動となる。

ここでは日本の危機管理体制のお粗末さが、嫌と言うほど描かれます。
いつ敵の弾が飛んで来るか判らない現場から、官邸にいる首相まで、
一々伝言ゲームで発砲や武器選択の許可を得る様は、まるで漫画の
ようです。本当にこれが現実だとしたら怖いと思いました。

小説としては、北朝鮮特殊部隊側の視点が全く無いのが物足りません。
作者は日本の危機管理体制を書きたかったのだろうけど、北朝鮮
特殊部隊の潜水艦が漂着したのは予定の行動なのか、事故なのか、
何故すぐに原子力発電所を制圧せず、ぐすぐす潜伏していたのか、等が
全く描かれていないのは不満です。

これでは、突然現れた災厄として扱われているだけで、極端な話、
ゴジラでも宇宙人でも良かったのではないでしょうか。
もっとも、それではリアリティーが無くなってしまいますが。

加筆完全版 宣戦布告〈上〉
加筆完全版 宣戦布告〈上〉

加筆完全版 宣戦布告〈下〉
加筆完全版 宣戦布告〈下〉
posted by まどか at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ミステリー(和書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分の言葉が出てこないなら、こういう場を設置した意味が無いね。
Posted by 観察者 at 2006年09月03日 22:05
たくさんイヤラシイ事をおねだりできるよ(´-ω-) http://rank.32yt.net
Posted by えり at 2012年10月19日 07:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23212373

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。