2010年02月13日

幽霊人命救助隊/高野 和明 ★★★★★

また高野先生変なの書いてるー。『13階段』は面白かったの
になー、とか思って読んだら、これが何気に面白い。少なくと
も、怪しげなタイトルや本の表紙から想像するよりは、遥かに
面白い。

自殺した四人の男女が、神様の命令で自殺志願者の命を救
うため幽霊となって奮闘する。自殺志願者の耳元にメガホンで
叫んで翻意を促す所などユーモラスである。四人の幽霊のキャ
ラクターも上手く書けている。

彼らが救う自殺志願者の中には、もっと続きを読みたいという
人もいれば、こんな人救う必要は無いんじゃないかと思うような
人もいる。彼らは自殺をくい止めるだけで、自殺志願者の抱え
る根本的な問題を解決する訳ではない。その辺に少し物足りな
さも感じたが、それは自殺志願者自身が解決すべき事なのだ
ろう。

救済の方法も、これで本当に救われたのかと思うようなケース
もあった。うつ病は医者に行けば必ず治るというのは、少し安
直ではないだろうか。

ラストは、ほぼ想像通りの結末を迎えたが、出来れば続編も書
いて欲しいという気もした。日頃肩肘張って生きている人は、こ
の作品を読む事によって救われる所があるかも知れない。

幽霊人命救助隊 (文春文庫)
幽霊人命救助隊 (文春文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
浪人生の高岡裕一は、奇妙な断崖の上で3人の男女に出会った。老ヤクザ、気弱な中年男、アンニュイな若い女。そこへ神が現れ、天国行きの条件に、自殺志願者100人の命を救えと命令する。裕一たちは自殺した幽霊だったのだ。地上に戻った彼らが繰り広げる怒涛の救助作戦。傑作エンタテインメント、遂に文庫化。

5つ星 オススメ本! トラックバック

にほんブログ村 本ブログへ
posted by まどか at 02:09| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 高野 和明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、gakerと申します。

これ、『13階段』の人が書いたんですね。
しかも何やら面白そうな雰囲気がします。
私も読んでみたくなりました。
Posted by gaker at 2010年04月03日 16:33
こんにちは。
コメントありがとうございます。
面白いですよ。
ぜひ読んでみて下さい。
Posted by まどか at 2010年04月05日 05:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140976646

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。