2010年02月12日

月の扉/石持 浅海 ★★

ハイジャックされた飛行機の中で殺人事件が発生する。ハイ
ジャック犯は乗客の一人「座間味くん」を探偵に仕立てて謎を
解明しようとする・・・のだけど。

序盤で犯人の想像は容易についてしまう。だけど、登場人物
たちはその可能性を全く無視して、あーでもない、こーでもない
と議論を繰り返す。これが延々と終盤まで続く。
この人たちはバカなの?
いい加減読んでいてイラついた。

舞台となる航空機に関する作者の知識にも疑問がある。滑走
路上で飛行機のエンジンを切ったら電力の供給が止まって機
内は真っ暗になるはずなのだが。沖縄の空港には滑走路上に
外部から電源を供給できる設備があるのだろうか。

「師匠」と呼ばれる人物やハイジャック犯の動機には現実感が
感じられない。一歩間違えばファンタジーになってしまう所であ
る。「座間味くん」のキャラクターなど面白い部分はあるのだが、
作品全体から熟成不足という印象を受けた。

月の扉 (光文社文庫)
月の扉 (光文社文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
沖縄・那覇空港で、乗客240名を乗せた旅客機がハイジャックされた。犯行グループ3人の要求は、那覇警察署に留置されている彼らの「師匠」を空港まで「連れてくること」。ところが、機内のトイレで乗客の一人が死体となって発見され、事態は一変―。極限の閉鎖状況で、スリリングな犯人探しが始まる。各種ランキングで上位を占めた超話題作が、ついに文庫化。

ミステリ・サスペンス・推理小説全般 トラックバック

にほんブログ村 本ブログへ
posted by まどか at 03:18| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー(和書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。