2011年04月10日

アジアン・ルーレット/岡崎 大五 ★

うわ、モノレールだって。いきなりバカ丸出しですね。ご丁寧に地図にも
しっかりモノレールって書いてあるよ。バンコクにモノレールが走ってるか
どうかは、実際にバンコク・スカイトレインに乗ってみれば、バカでも判り
そうなものなのに。

空港内のレストランでタバコを吸う描写があるけど、空港内はもとより、
バンコク市内のレストランやバーは基本的に全て禁煙なんですけど。
少なくともスワンナプーム空港が出来た頃には禁煙になってましたよ。

警察のパサンという人物の記述も面白い。キャリア官僚でイギリスの
名門大学に留学した経験がある。年齢の割に出世が早い。
で、45歳にして少佐なんだって。凡人には理解できませんね。

きっとこの作品は、現実のバンコクを舞台にしているのではなく、作者の
空想上の仮想都市バンコクを舞台にしているのだろう。
そこではモノレールが走ってて、レストランでタバコも吸えるんだよ。

ほんの少し読んだだけで、この作品がどういうものであるのか予測が付く。
冷気茶室とかいう言葉が出てきたあたりでブチ切れて、この本をゴミ箱
に叩き込む。それが正解だろう。

実際それ以上読み進めても良い事は何も無い。
ご都合主義のオンパレード。いい加減な人物造形。どこかで聞いてきた
ような話の継ぎはぎ。小学生レベルのヨタ話が延々と続く。

アジアン・ルーレット (祥伝社文庫)
アジアン・ルーレット (祥伝社文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
日本を飛び出し、バンコクで成功していた寺崎修司は、突如会社が倒産、命を狙われる身に。一方、放浪生活を送っていた横尾悟は、一発逆転のために四千万のヤクの密輸を決意。そんな二人が出会い、狂乱のルーレットが回り出した!ミャンマーゲリラ、悪徳タイ警官、華僑の重鎮、謎の美女の野望と陰謀、そして裏切り。混沌のアジアを舞台に、命がけのゲームが始まる。

ミステリ・サスペンス・推理小説全般 トラックバック

にほんブログ村 本ブログへ
タグ:クソ小説
posted by まどか at 17:37| 神奈川 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | ミステリー(和書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。