2008年08月21日

こんばんは

今月はまだ一冊もレビューを書いていません。
9月に海外旅行に出かける予定なので、準備に
時間を取られています。
読んだ本がどんどん溜まっている状態なので、
何とかしないといけませんね。
posted by まどか at 01:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

コッペリア/加納 朋子 ★★★

内容(「BOOK」データベースより)
恋をした相手は人形だった。作者は如月まゆら。だが、人形はエキセントリックな天才作家自らの手で破壊されてしまう。修復を進める僕の目の前に、人形に生き写しの女優・聖が現れた。まゆらドールと女優が競演を果たすとき、僕らは?日本推理作家協会賞受賞作家が新境地を開く、初めての長編ミステリー。

天野可淡という人形作家をご存知だろうか?
彼女と、彼女の作品である「KATAN DOLL」を知っているかどうかで、
この作品に対する思い入れや評価は変わってくると思う。

天野可淡がいなければ、この作品は生まれてこなかった。
天野可淡と「KATAN DOLL」をモデルに、作者が作った人形が
如月まゆらと「まゆらドール」である。

如月まゆらの作る「まゆらドール」に関わる数人の人物の視点で
物語は展開する。
しかし、途中まで読むと「あれー?」と思う事になる。
そして、最初から読み直したくなる。

アングラ劇団の女優や、劇団内の人間関係、人形コレクターの
キャラクターなどは、ややデフォルメされている気もするが、良く
書けていると思う。

ただ、最後まで読むと、単純な話を、わざとこねくり回して複雑に
しているような印象が残った。

コッペリア (講談社文庫)
コッペリア (講談社文庫)

にほんブログ村 本ブログへ
posted by まどか at 03:07| ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | ミステリー(和書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

こんばんは

今月は旅行の準備とかで忙しくて
一冊しかレビューが書けませんでした。
来週はタイに旅行に行きます。
それまでに少しでも読みためた本の
レビューを書いておきたいと思ってます。

にほんブログ村 本ブログへ
posted by まどか at 22:36| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。