2007年08月31日

無間地獄 上 /新堂 冬樹 ★★★

内容(「BOOK」データベースより)
金のためなら財産どころか命も狙う闇金融を営む富樫組若頭の桐生は膨大な借金を抱えたエステサロンのトップセールスマンの玉城をカモにしようとする。端麗な容姿と巧みな話術で女たちに高価な商品を売りつけていた玉城は、桐生の仕掛けたワナにはまってすべてを奪われる…。金と己れだけ信じて這い上がる暗黒の魂のレクイエム。

冷酷非情な取立てを行う、闇金融を営む主人公の桐生。
彼には、思わず目を背けたくなるような悲惨な過去があった。
そんな過去に、アクセントとなる祖母の存在。
そして下品な描写。
人によっては嫌悪感を催す内容だろうが、暗黒小説と呼ばれるジャンルに
必要な要素を網羅した作品である。
しかし、この主人公、もしくはこの小説自体には何かが足りないと感じた。
下巻になると、もう一人の主役であるエステサロンのトップセールスマン、
玉城のキャラが立ってきて、それなりに読ませるのだが。

無間地獄 上 幻冬舎文庫 し 13-1
無間地獄 上  幻冬舎文庫 し 13-1
posted by まどか at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 新堂 冬樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。