2007年05月31日

栄光一途/雫井 脩介 ★★★★

内容(「BOOK」データベースより)
オリンピックを目前に控えた日本柔道強化チームのコーチ望月篠子は、柔道界の重鎮から極秘の任務を言い渡された。「代表候補の中から、ドーピングをしている選手を突き止めよ」重圧に堪えながら真実を追う篠子は、スポーツ界を蝕む病に直面する。爽快な語り口と絶妙なテンポで繰り広げられる、シリーズ第一弾。鮮烈なるデビュー作。

今、最も脂がのってる作家の一人である雫井脩介のデビュー作です。
柔道コーチの望月篠子が、ドーピングをしている選手の調査を行う。
体育会系の人間関係や、迫力ある試合の描写など、柔道を知らない
人が読んでも充分楽しめます。
「虚貌」や「火の粉」で感じた、読者に思わずページをめくらせる力を、
すでにデビュー作から身に付けていたようです。

ただ、登場人物たちの行動には、そこまでする必然性があるのか?
という疑問が残りました。
それに、叙述ミステリーを読み込んでいる人なら、途中でピンとくる
物があると思います。まあ、そんなことは気にせず、最後の結末を
楽しむのが正しい読み方かも知れませんが。

逆境の中で一所懸命頑張っているヒロインの篠子は、つい応援したく
なります。篠子に協力する友人の佐々木深紅も良い味を出しています。
シリーズ第二作の「白銀を踏み荒らせ」も読んでみたくなりました。

栄光一途
栄光一途
posted by まどか at 03:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 雫井 脩介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。