2006年04月04日

テストです

とりあえず作ってみました。
posted by まどか at 19:05| Comment(1) | TrackBack(0) | ブログ運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

13階段/高野 和明 ★★★★★

犯行時の記憶を失った死刑囚、その冤罪を晴らすため刑務官と前科のある青年が調査を開始する。死刑制度を背景として、過去に傷のある登場人物たちの、重厚な人間ドラマが展開する。緻密な構成と巧みな伏線でサスペンスを盛り上げます。若干の後味の悪さもありますが、久々に面白いミステリーに出会えました。
13階段
posted by まどか at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 高野 和明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亡国のイージス/福井 晴敏 ★★★★★

この本を読んだのはちょっと前ですが、昨今の出版界で、この作家の作品の話題は外せないと思います。スケールの大きな作品です。日本にもこんな作品を書く作家がいたのかと驚きました。ハリウッド映画的な内容ですが、この作者自身も自分の作品はステーキ丼だと言ってるように、どこか日本らしさも感じます。登場人物が多数出てきますが、一人一人深く人間性を描き込んでいます。それぞれの思惑を乗せて、国家に反旗を翻した護衛艦「いそかぜ」は終局に向かって突き進みます。ぜひ読んでみて下さい。
亡国のイージス 上  講談社文庫 ふ 59-2 亡国のイージス 下  講談社文庫 ふ 59-3
posted by まどか at 21:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 福井 晴敏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

ハサミ男/殊能 将之 ★★★★★

内容(「BOOK」データベースより)
美少女を殺害し、研ぎあげたハサミを首に突き立てる猟奇殺人犯「ハサミ男」。三番目の犠牲者を決め、綿密に調べ上げるが、自分の手口を真似て殺された彼女の死体を発見する羽目に陥る。
自分以外の人間に、何故彼女を殺す必要があるのか。
「ハサミ男」は調査をはじめる。

今時あまり聞かない美少女という言葉がいいですね。
美少女を殺害する謎の怪人という古典的な設定ですが、冷酷で残虐な殺人犯なのに、何故かのこ犯人は憎めません。
自殺癖とか多重人格とか、面白い人です。
警察には捕まって欲しくないと思いました。
どういう結末を迎えるのか、はらはらしながら読みました。
ハサミ男
posted by まどか at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー(和書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

川の深さは/福井 晴敏 ★★★★☆

この作家の処女作です。
第43回江戸川乱歩賞の最終選考に残り、野沢 尚の「破線のマリス」と最後まで激しく争い惜しくも落選した作品。乱歩賞受賞は翌年の「twelve Y.O.」まで待たねばなりませんでした。

テレビ業界の内幕物としては秀逸ですが、ミステリーとしては最後まで殺人事件の犯人も動機も不明なままの「破線のマリス」より、この作品の方が荒々しくも熱気にあふれ、心惹かれるものがありました。もっともこの作品もミステリーというよりは冒険小説ですが。

そんな野沢 尚も、前年の候補作「魔笛」は、抜群の描写力とダイナミックなストーリー展開で大いにワクワクさせられる作品でしたが、受賞したのは他の凡庸な作品でした。このあたりに因縁めいたものを感じます。

さて、前置きが長くなりました。
処女作には、その作家のエキスが最も色濃く反映されると言われますが、まさにその通りです。

「彼女を守る。それがおれの任務だ」と、傷だらけになりながらも愛する女性のため一人で強大な権力に牙をむく保。そんな保と出会い、彼を助ける事を決意する元刑事で、今はグータラ警備員の桃山。

自閉症気味で生硬な青年と、過去を背負い人生に疲れた中年という組み合わせは以降の作品に共通して見られるパターンです。世代も立場も考え方も違う二人がぶつかり合いドラマは進行します。

やや癖の有る文章で、作者の主張が鼻につく部分もあります。ストーリーには、反主流派がテロまで起こすか? とか、最後に護衛艦に突入してまで止める必要があったのか? 等の疑問点もあります。

でも、この作品にはそんな事を吹き飛ばすような、圧倒的な迫力でたたみこんでくるパワーがあります。熱い作品です。ぜひ一度読んでみて下さい。

川の深さは
川の深さは

posted by まどか at 23:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 福井 晴敏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

破線のマリス/野沢 尚 ★★★☆☆

内容(「BOOK」データベースより)
首都テレビ報道局のニュース番組で映像編集を担う遠藤瑤子は、虚実の狭間を縫うモンタージュを駆使し、刺激的な画面を創りだす。彼女を待ち受けていたのは、自ら仕掛けた視覚の罠だった!?事故か、他殺か、一本のビデオから始まる、超一級の「フー&ホワイダニット」。第43回江戸川乱歩賞受賞の傑作ミステリ。

テレビ業界の内幕物としてはそれなりに読めるが、ミステリーとしては半端な作品。超一級の「フー&ホワイダニット」なんて宣伝しておきながら、最後まで殺人事件の犯人も動機も不明なままとは、どういう事ですか?

そもそも、この作品に殺人は不要です。あえてミステリーにする必要性を感じません。

主人公はテレビ局に勤める映像編集者です。単なる技能者にしかすぎない主人公の作った映像を、ディレクターやプロデューサーのチェックもなしに、報道番組としてそにまま電波に乗せると言うのは、普通の会社ではちょっと考えられません。テレビ局の実態はこんなものなんでしょうか。

ちなみに、「マリス」とは、送り手が意図的もしくは無意識に報道に潜ませる悪意や作為の事。「破線」とは、テレビの走査線の事です。

前年の乱歩賞候補作「魔笛」でも感じましたが、この作者はシナリオライター出身で文書力があり、映像的な作品を特徴とします。本作は映像そのものをテーマにすえてきました。でも小説としてはイマイチだと思います。

破線のマリス
破線のマリス
posted by まどか at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 野沢 尚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

魔笛/野沢 尚 ★★★★☆

内容(「BOOK」データベースより)
白昼、渋谷のスクランブル交差点で爆弾テロ!二千個の鋼鉄球が一瞬のうちに多くの人生を奪った。新興宗教の教祖に死刑判決が下された直後だった。妻が獄中にいる複雑な事情を抱えた刑事鳴尾良輔は実行犯の照屋礼子を突きとめるが、彼女はかつて公安が教団に送り込んだ人物だった。迫真の野沢サスペンス。

盛りだくさんの内容で、おいしい要素てんこ盛りの小説。
ちょっと詰め込みすぎの印象あり。
犯人の一人称神様視点にも違和感を感じる。
登場人物にも、通常だったら有り得ないと思われる設定がある。

そんな欠点もありますが、なんと言ってもこの作品はダイナミックなストーリー展開と抜群の描写力で読者をぐいぐい引き込みます。
特に終盤の盛り上げ方は見事。
良く出来た映画や劇画を見ているようです。

この作品は第42回江戸川乱歩賞の最終候補作に残ったが、実在の宗教団体の起こした事件を背景にしている事や、設定の強引さから、結局受賞するのは他の作品となりました。

受賞した作品は、良く言えばそつの無い、悪く言えば凡庸な作品であり、小説としては明らかにこの作品の方が勢いがあり面白かったです。

魔笛
魔笛
posted by まどか at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 野沢 尚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

左手に告げるなかれ/渡辺 容子 ★★☆☆☆

内容(「BOOK」データベースより)
「右手を見せてくれ」。スーパーで万引犯を捕捉する女性保安士・八木薔子のもとを訪れた刑事が尋ねる。3年前に別れた不倫相手の妻が殺害されたのだ。夫の不貞相手として多額の慰謝料をむしり取られた彼女にかかった殺人容疑。彼女の腕にある傷痕は何を意味するのか!?第42回江戸川乱歩賞受賞の本格長編推理。

主人公はスーパーで万引犯を捕捉する女性保安士。
過去に傷を持つ、ちょっと変わった職業の主人公が、業界知識を披露しながら謎解きを進める。江戸川乱歩賞の定石に忠実に従った、良く言えばそつの無い、悪く言えば凡庸な作品。

冒頭の主人公登場は興味を引くが、その後の盛り上がりに欠ける。
スーパーとコンビに業界の確執や、バーコードなどの小道具は良く調べられている。
読みやすい文章で、女性特有の視点などは所々光るものがある。
だけど、いかんせん読んでいてワクワクする感じが無かった。
淡々とストーリーが進んで行く印象。
ダイイング・メッセージの使い方や犯人の設定も説得力に欠ける。

左手に告げるなかれ
左手に告げるなかれ
posted by まどか at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー(和書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

検察捜査/中嶋博行 ★★★★☆

内容(「BOOK」データベースより)
横浜の閑静な高級住宅街で、大物弁護士・西垣文雄が惨殺された。横浜地検の美人検察官・岩崎紀美子は、捜査を進めるほど、事件の裏に大きな闇を感じる。日弁連と検察庁、警察庁そして県警の確執…。現役弁護士作家が法曹界のタブーを鋭くえぐった、第40回江戸川乱歩賞受賞の傑作リーガル・サスペンス。

現役弁護士の書いたリーガル・サスペンス。
難しい内容なのかなと、思わず身構えてしまいましたが、読んでみると読みやすい文章で、すらすら読めました。

検察というと強面の人を連想しますが、この作品の主人公は二十台後半の女性検察官です。相棒の検察事務官との組み合わせも良い感じを出してます。

ただ、枚数制限のある乱歩賞作品では仕方ない事かもしれませんが、終盤はもっと書き込んで緊迫感を盛り上げて欲しかったです。
あっさりと終わってしまった印象。
犯人側の視点もありません。

法曹界や警察などの確執も、書き込みが浅いと思います。
実際にはもっとドロドロとした部分があるのではないでしょうか。
とはいえ、エンターテイメント作品としては楽しめます。

検察捜査
検察捜査
posted by まどか at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー(和書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

終戦のローレライ〈1〉/福井 晴敏 ★★★★

内容(「BOOK」データベースより)
昭和二十年、日本が滅亡に瀕していた夏。崩壊したナチスドイツからもたらされた戦利潜水艦・伊507が、男たちの、国家の運命をねじ曲げてゆく。五島列島沖に沈む特殊兵器・ローレライとはなにか。終戦という歴史の分岐点を駆け抜けた魂の記録が、この国の現在を問い直す。第22回吉川英治文学新人賞受賞。

太平洋戦争の終戦を舞台にしたガンダムです。
主人公はガンダムやガンンタンクの代わりに、特殊潜航艇「海龍」や「ナーバル」に乗って活躍する。戦利潜水艦・伊507はさしずめホワイトベースといった所。

一兵卒が艦長の作戦に口出ししても、もちろん許されます。
なんたってガンダムなんだから。
真面目な戦記物として読むと少々期待を裏切られます。

だけど、そこは福井作品、例によって登場人物を一人一人丁寧に書き込み、作者の主張もたっぷりです。
エンターテイメントとしては充分楽しめます。

第一巻では、海軍のはみだし者たちが集められ、ナチスドイツからもたらされた戦利潜水艦・伊507に乗り組み出航するまでが描かれます。

はたして彼らの目的は、そして特殊兵器・ローレライとは何か?
壮大な物語の始まりです。

終戦のローレライ〈1〉
終戦のローレライ〈1〉
posted by まどか at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 福井 晴敏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。